unnamed-1.jpg
 
 
 

DIGITAL DOWNLOAD

DIGITAL DOWNLOAD/ BANDCAMP

 

NEWS

​​演奏予定 gig information

レコードショップ

スズキジュンゾ + 川口雅巳 / 共犯者 2マンライブ

September 28th, 2021 (tues)

スズキジュンゾ junzo suzuki + 川口雅巳 masami kawaguchi

共犯者 KYOHANSHA (ヒグチケイコ  keiko higuchi/ voice and drums + isshee/ bass)

At club doctor (荻窪)

*出演要諦でした田畑満さんは怪我により、内容を変更してのライブとなります。


open: 18:00/ start: 18:30 (may subject to change 変更の可能性あり)

charge: 2000 yen + drink


club doctor: http://www.clubdoctor.co.jp/

東京都杉並区上荻1-16-10-B1   tel: 03-3392-1977

レコードプレーヤーの針

ベルリン - 東京 実験音楽ミーティング2@ゲーテ・インスティトゥート東京

October 30th, 2021 (thur)

ディレクター director: 足立智美 Tomomi ADACHI

ワークショップ & コンサート

13:00 足立智美による即興演奏ワークショップ

17:00 コンサートA  出演: 足立智美 (声、エレクトロニクス)、ヒグチケイコ (声)、山本達久(ドラムス)、ワークショップ参加者


入場料: コンサート1500円

ワークショップ参加料: 3000円



問い合わせ: ナヤ・コレクティブ nayac@mc.point.ne.jp

ゲーテ・インスティトゥート東京 https://www.goethe.de/ins/jp/ja/m/sta/tok.html

(東京都港区赤坂7-5-56 ドイツ文化会館内 東京メトロ「青山一丁目」下車徒歩8分)

 
 
 

​MORE

live show at Macao, Milan, It

it is the second half of the footage from the show i did at macao, milan, italy.

 

CONTACT/BOOKING

送信が完了しました。

 
Keiko Higuchi 15 - 200 DPI-2 jamie lee r

BIO

photo shot by jamie lee reed

ヒグチケイコ

ヒグチケイコ/ Keiko Higuchi

身体、声、呼吸のつながりを探求し、即興からジャズまで幅広くこなすボーカリスト。アメリカ・ボストンにて声を使うパフォーマーとして活動開始、'98年に帰国以来、独特な声と表現で国内外にて活動、ソロの他に多くのコラボレーションやダンス、演劇などの作品に参加。過去には写真・執筆を発表している。アルバム作品には'13年ソロ第二作目「花弁のように儚い」(米utech records)、森重靖宗とのデュオ「あわい」(仏improvising beings)、'14年Cris Xとの「MELT」(musik atlach)、'16年1月にソロ第三作目「between dream and haze」(仏improvising beings)、そして’17年3月に神田晋一郎(p)との第二作目「passing and longing and there is only a trace left― 過ぎしも愛しもただ跡だけが残り」(ftarri) 、’18年年末にはsachikoとのAlbedo Fantasticaで「暗渠と夜空」(仏an’archive)、’19年夏にはソロの1曲が含まれたコンピレーションアルバム「青鞜 Seitō: In the Beginning, Woman Was the Sun」(仏Akuphone) がリリースされた。

http://cleokcleok.wixsite.com/keiko-higuchi

www.facebook.com/cleokcleok

http://keikohiguchi.bandcamp.com/


keiko higuchi

a vocalist who seeks the connection between body, voice and breathing and covers jazz to vocalization. she started out her career as a voice performer in boston, usa. since returning to japan in '98, she has been working in dance, theater and many collaborations aside from her solo work. also she has some photography and writing work in the past. she has released, for the recent, her second album "ephemeral as petals" (utech records, usa) and  "awai" the duo album with yasumune morishige (improvising beings, france) in 2013, "melt" with cris x (musik atlach, japan) in 2014, the third solo album "between dream and haze" (improvising beings, france) in 2016, and “passing and longing and there is only a trace left” (ftarri) with the pianist, shin-ichiro kanda released in 2017.  As Albedo Fantastica with Sachiko “culvert and starry night” (an’archive, france) was released in ’18 and the summer of ’19 the compilation album she contributed one song “Seitō: In the Beginning, Woman Was the Sun (akuphone, France) has been also released.

http://cleokcleok.wixsite.com/keiko-higuchi

www.facebook.com/cleokcleok

http://keikohiguchi.bandcamp.com/